蜂を自分で駆除する危険性|攻撃性のスズメバチ

メンズ

専門店に依頼しましょう

一軒家

夏になると急増するのがハチによる被害です。この時期はハチの子育て期間となるため、巣に近づくと集団で襲いかかってきます。最近は都市部に適応したスズメバチなども増えているため、とくに注意が必要です。庭の軒先などでハチの巣を見かけた時は、専門店にハチ駆除を依頼するようにしましょう。

詳細を読む

自宅周辺でのハチの駆除

ワーカー

ハチが繁殖しないように、春の時期になったら家周辺に巣を作っていないかチェックしましょう。また、ハチが繁殖している場合には、自分でハチ駆除を試みる場合には、刺されないように十分対策をしてからハチ駆除用のグッズを利用するといいでしょう。また、専門業者に依頼するのも手段の一つとして有効です。

詳細を読む

5月からハチの巣に注意

笑顔の男性

ハチ駆除は、早期に行うことが肝心です。毎年ハチが巣をつくりそうな家の場所を注意して見ておくことが必要です。気付かずに大きくなってしまった巣は駆除が大変です。もしそうなってしまったら専門のハチ駆除業者を頼むのがベストです。費用はかかりますが安全で確実です。

詳細を読む

徹底的にやろう

ハチ

広角噴射の駆除剤を

蜂退治を行う時は、道具を揃えたり蜂の種類を確認したりと様々な準備が必要です。飛び回る蜂を退治する時に絶対必要なものは、防護服と広角噴射ができる駆除剤が入ったスプレーです。防護服を着ていなければ刺される恐れがあるので必ず用意しましょう。ミツバチのようにおとなしい性格の蜂もいますが、アシナガバチのようにこちらが攻撃すれば反撃してくる可能性が高い種類もいますし、特に気性の荒いスズメバチだと普通の服やレインコートなどの薄いビニール製の服ではとても危険です。攻撃性の高いハチは、集団になって襲ってきます。そのため自分で駆除することは大変危険です。まず駆除する前に蜂の種類を確認すること。アシナガバチやスズメバチの場合は専門の駆除業者に依頼することが大切です。

初心者にも使いやすい

広角噴射できるスプレーや長いノズルは、とにかく距離を置けるので、初心者の方にも使いやすく便利アイテムなので、人気も高く、ホームセンターやネット通販でも手軽に購入することができます。また、蜂は広い範囲を何十、何百匹も飛び交うので、直線噴射タイプでは太刀打ちできません。広角噴射タイプであれば、一噴きでかなり広範囲に渡って噴射できるので、何匹も一気に攻撃できるので蜂退治にもぴったりです。長いノズルは高所が苦手な方や蜂の巣退治に便利なアイテムで、直接巣の中に突っ込んで噴射することも可能ですが、飛んでいる蜂を退治するには向いていません。両方退治する時は、広角噴射タイプと直線噴射タイプに長いノズルを付けたスプレーを購入してください。

Copyright© 2016 蜂を自分で駆除する危険性|攻撃性のスズメバチ All Rights Reserved.